海のブレアWモイスチャーの特徴

海のブレアWモイスチャーは、乾燥により出来てしまった小ジワに有効なオールインワンゲルです。
美容クリーム、乳液、美容液の3つの機能が1本に集約されています。
洗顔後にまずは化粧水で肌を整え、ゲルを塗っていくというのが通常の使用方法ですが、化粧水をつけずに海のブレアWモイスチャーを塗るだけでも効果は得られます。

肌トラブルにはさまざまなタイプがありますが、保湿ケアを行うことで多くのトラブルは解消することができます。
海のブレアWモイスチャーは、高い浸透力と持続性のある保湿力が備わっています。

浸透力については、10億分の1mという細かさとなっていますので、肌の奥の角質層まで確実に保湿成分を届けることができます。

無水ヒアルロン酸は特許を取得している成分で、かなり高い水分吸収力を持っています。
毎日使用し続ければ、肌にハリと弾力を取り戻すことができます。
無水ヒアルロン酸は、6時間も水分を保持できるとのことです。

ビタミンC誘導体は、毛穴トラブルをしっかりケアします。
フコイダン、海藻成分、海洋性コラーゲンの力で、肌にキメや弾力、ハリを与えます。
ハネセンナ葉エキス、アルブチンは、肌に透明感や明るさを取り戻します。

この商品は弱酸性で肌に優しい処方となっており、合成香料、タール色素、鉱物油、エタノール、パラベン、石油系界面活性剤など肌を刺激する成分は一切配合していません。

海のブレアWモイスチャーは、50g入りのものが4,800円となっています。
定期お届けコースを申し込むと送料が無料となり、商品も10%オフの4,320円と安くなります。
お世話になってるサイト⇒オーガニック化粧水

秋田美人の上品な香り「角館オードパルファム」

私が利用した健康食品は、角館オードパルファムがおすすめです。資生堂と秋田県の武家屋敷やしだれ桜が有名な角館のコラボ商品です。香水を集めるのが好きなのですが、なかなかいい匂いやいいデザインに出会うことはありませんでした。また彼氏とデートの時に珍しいけど、いい匂いだなと感じてもらえるものが欲しいと思っていました。秋田県内のお土産屋さんで取り扱っており、偶然桜色の上品なパッケージとデザインに惹かれ買ってしまいました。他にもリップクリームやあぶらとり紙などもあり、自分は石鹸も購入してしまいました。価格も3000円前後とあまり高価ではないのにコスパもすごくいいと思います。秋田といえば秋田美人なので、秋田美人が使う香水というイメージもあり普通に市販されている香水とは一線を引く印象です。

健康食品を利用してみて、一番いいなと思ったのは、香りが長続きするということです。お出かけする際に大体の香水は3時間も経ってしまえば香りが飛んでしまうのに対し、このオードパルファムは一日中香り続けていました。また長続きするのにも関わらず匂いがきつくなく、ふとした時に桜の匂いがふんわりとするような大変上品な香りです。友達とのお出かけの時にでもデートの時でも「あれ?めっちゃいい匂いするね!」と言ってもらえる事が多くなりました。また身に付けるだけではなく、お休み前に軽くお部屋にプッシュしておくとほのかに桜の香りがしてすごくリラックスできます。布製品とも相性がいいと思うのであちこちに使用しています。数量限定かもしれませんが、リピートしようと思います!
あわせて読むとおすすめ⇒便臭サプリまとめ

ドライアイを改善するための手術

ドライアイの症状が重症化してしまうと手術をしなければいけなくなります。
日々の生活に支障をきたすぐらい目が乾くような場合には、この手術を受けることで、日々の生活が楽に感じることでしょう。

ドライアイの手術は症状が軽度の場合には、手術をする必要がないので、その点は安心してください。
症状が軽度の方は目薬を用いることになり、それだけでも改善することができます。

つまり、ドライアイの手術を受けなければいけないのは、日常生活に支障をきたす程度まで悪化してしまった方の場合ということにななります。

また、ドライアイは疾患のうちの1つなので、手術をしなければいけない場合には、保険が適用されることも少し安心でしょう。

手術と聞くと料金が高いと思われるかもしれませんが、手術方法の1つである、『涙点プラグ挿入』の場合は、6000~7000円の料金で手術をすることができます。

ほかの手術方法にはレーシックという手術があります。
この手術は多少、料金が高額になってしまいますが、コンタクトを装着している方の場合、このレーシック手術をすることで、ドライアイの症状が改善することがあります。

目が乾いているような状態でコンタクトを装着している時間が長いとドライアイの進行を早めてしまいます。
また、コンタクトを装着していると涙の量が減り、コンタクトによって目を傷つけてしまうことにつながるため、ドライアイの方にはコンタクトは向いていません。

そんなときに、レーシック手術を受けることで、コンタクトを装着しなくても裸眼で、ものが見えるようになります。
ドライアイの方がコンタクトを装着していると症状が進行していくだけなので、レーシック手術を受けることでその症状が進行していくのを止めることができます。
そのため、ドライアイの改善に効果があるというわけです。
お世話になってるサイト⇒睡眠時無呼吸症候群の原因

ドライアイと湿度の関係性

ドライアイになってしまう原因の1つに周りが乾燥していることが挙げられます。
そのため、室内にいるときには、適度な湿度を保つようにしましょう。

特に冬などは空気が乾燥している日が多いため、ストーブやエアコンを使う際には、加湿器を使って、湿度を適度に保つようにしましょう。

加湿器がないという場合には、コップに水を入れて、それを机などの上に置くだけでも違いますので、お試しください。

また、湿度を適度に保つことは、目を乾燥から守る以外にも、風邪を予防するのに効果があるため、湿度を保っておくと目以外にも良い効果があるのです。
その湿度は50~60%ほどが理想とされています。

オフィスで仕事をしている方はドライアイになりやすい傾向にあります。
そのため、オフィスでも湿度を適度に保つように心がけましょう。

加湿器のなかには、デスクに置くことができるサイズの加湿器も登場したので、それを利用するものいいでしょう。

ほかにも、USBタイプの加湿器なども販売されているため、そちらを利用してもいいかもしれません。

ドライアイ対策のために目薬を用いている方もいますが、1日に何度も使用すると逆効果になることがあるため、取扱説明書の指示通りに使用するようにしてください。

しかし、指示通りに使用してしまうと、目薬を使ってからある程度の時間が経つと目が乾いてきて我慢ができない場合もあります。
そのときにも、加湿器を近くに置いておくと、ドライアイの不快な症状を軽減することが可能でしょう。

加湿器はドライアイ対策のなかでは、有効な対策の1つなので、ドライアイの症状が軽度の方でも利用することをおすすめします。
もっと詳しく調べたい方はこちら⇒睡眠時無呼吸症候群の原因

ドライアイ治療 PRK手術

通常のドライアイ手術では角膜を使いフラップ(角膜のフタ)を作成するのですが、PRKはフラップ作成ではなく、屈折した角膜の矯正を行い、視力を回復する方法です。
PRKはレーシックが登場する以前から行われてきた治療法です。

レーシックは角膜をはがしレーザーを照射するのですが、PRKは角膜に直接レーザーを照射します。この方法には2パターンあり、1つは角膜上皮を取り除いたあとにレーザーを照射する場合と、2つめは、角膜上皮は残したままレーザーを照射する方法です。現在は2つめの方法を使って治療するクリニックが多いようです。
レーザーとは「エキシマレーザー」といい、レーシック手術もPRKも同じタイプのレーザーを使用し手術を行います。エキシマレーザーは角膜の屈折率を矯正するためにしようされるものです。手術後は、眼を洗い、保護用のコンタクトレンズをつけて完了です。

□PRK治療のメリットとデメリットについて

【メリット】
フラップがずれる心配がなく角膜を直接レーザーで照射するので強度が上がり、激しい動きにも順応する。アスリート向けの治療法である。
なにより、手術後のフラップにかんするトラブルや問題がない。

【デメリット】
角膜上皮が除去されるので角膜が再生されるまでコンタクトレンズの着用が義務付けられる。また、角膜上皮が再生されていない間は、光を眩しく感じたり、痛みを伴うことがある。
両目を同時に治療することが難しく、数日かけて片方ずつの治療となるため、手術に時間がかかる。片目だけ視力が戻りしばらく生活することになるので視界に違和感を感じる。
もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>睡眠時無呼吸症候群の原因